Woocommerce Menu

効果的な名刺の管理方法

フリーランスの営業で溜まっていくものと言えば、名刺だ。
既存のクライアントのものもあれば、将来的にクライアントになる可能性を秘めた場合もあり、営業にとっては欠かせないものと言って良いだろう。
しかし、数が増えるにつれ、管理が難しくなるのも事実だ。
瞬時に欲しい情報を得られれば仕事の効率も良くなるので、名刺はしっかりと管理することが大事だ。

そこで検討するべきは、やはりアプリやツールなどの利用だ。
紙のままアナログ管理をするのも悪くはないが、職種別に分けたり、名前や住所で検索したりといったことは難しい。
しかしデジタルで管理すれば、ボタン一つで欲しい情報を表示させることも可能になる。
また出先など、場所を選ばず、情報を検索できるのも、デジタルならではの良さだろう。
紙のままであれば、名刺を持ち歩いていない限り情報にアクセスできないため、荷物になっても多くの名刺を持参するか、数を減らしたり、暗記に頼ったりといったことが必要になる。
デジタルで管理した場合と比べると、デメリットが大きいことが分かる筈だ。

名刺の管理は一見実際の業務と直接的な関係があるように見えないため、後回しにしたり、曖昧なままにしたりといったことも少なくない。
しかし、数が増えてしまってから何とかしようとすると、時間も手間もかかって大変になる。
途中で挫折することも珍しくないので、できるだけ数の少ない内から、しっかりと管理しておくことが欠かせないだろう。