Woocommerce Menu

名刺に入れておくべき情報

IT関係の仕事をしているフリーランスにとって、名刺は大事な営業道具だ。
新しい仕事を貰ったり、次の仕事に繋げるための大切なツールになる。
特にフリーランスは人脈を広げることで仕事のチャンスを得ることも多く、相手に自分の情報をしっかり伝えられるような名刺を作ることが大事だ。

フリーランスがまず名刺に入れたい情報は、名前だ。
一番目立つような場所に配置し、名前を覚えて貰うように工夫すると良い。
自分の会社の名前を知って貰いたい場合、同じように目立つ部分に社名を入れると効果的だ。
読みづらい漢字があれば、ふりがなを振っておくと親切だろう。
アピールしたい肩書きや資格があれば、それも名刺に入れておくと良い。
職種はプログラマーなのか、エンジニアなのか、またはWebライターなのかハッキリさせておく必要がある。
相手がどんな仕事を依頼したら良いのか迷わないよう、職業を記載しておくことが大事だ。
連絡をすることができる電話番号や、メールアドレスを入れておくことも重要だ。
連絡先が分からなければアポを取ることもできず、仕事の依頼もできない。
名刺を貰った相手が連絡ができるよう、オフィスの電話番号や携帯番号、仕事用のメールアドレスを載せておくと良い。

フリーランスとしてある程度の実績があれば、裏側に受注実績や今まで手掛けた仕事などを書く方法もある。
自分の経験をアピールすることで信頼度が増したり仕事が増えることもあるので、自分の強みは積極的にアピールした方が良いだろう。